親類や知人に頼ることなくお金借りる方法

 お金借りるケースと言えば、まず結婚式や葬式などの冠婚葬祭が挙げられます。これらの催し事には、事前にお金を修める項目が複数ある上、形式化されたものなので言い逃れができません。このような場合、何とか手持ちのお金でやりくりするのが急務となります。

 

 また、冠婚葬祭の場において、出席した親類全員がご祝儀などのお金を準備するため、親類からあてにすることも出来ません。友人に頼む場合でもお金の貸し借りに限り、ぞんざいな扱いを受けることもあります。

 

 親類や友人に頼めない場合、お金借りる方法といえば金融業者に頼るしかありません。ただ、金融業者には馴染みがないことから、一般人にとって多少抵抗があります。しかし、近年の営業ぶりを見る限り、安心して融資が受けられるサービスの形態をとっています。たとえば、すぐにでもお金が必要の場合には、即日融資と呼ばれるサービスがあります。即日融資には、一定の基準を満たすことが審査の条件ですが、雇用形態問わず仕事に従事していれば、問題なく審査を通過することができます。


このページの先頭へ戻る